つれづれなるままに-日暮日記

現世の森羅万象を心に映りゆくままに書きつくる。

ハワイ勢の相撲は嫌いだが、曙個人は魅力的

 「願わくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ」というのは平安末期の西行法師の和歌ですが、小生は毎年、春に満開の桜を見るにつけ、何となくこの和歌を思い出します。ついでに高齢故に「この桜の満開をあと何回見られるか」とも思ってしまうのです。紅葉もきれいですが、「紅葉を来年も」とはあまり思わない。満開に咲いたソメイヨシノは本当に人を引き付けるし、酔わせる。西行と同じように、できれば桜の下で死期を迎えたいと思うのです。

 それはともかく、大相撲の横綱まで張った曙太郎が逝去しました。まだ54歳の若さとか。相撲取りは大飯を食って寝て体を作る、ある種不健康な生活を送ります。内臓に負担がかかるでしょう。その上に厳しい稽古に明け暮れ、ガタイを痛めつけるので、まあ、相撲ファンとしては残念ながら、早世が多いのは致し方ないのかなと思ったりもします。ですから、最近テレビに出ていない北の富士さんにはぜひ長生きしてほしいと願っています。

 曙には悪いのですが、小生はこのブログで再三書いてきたように、大相撲の面白さをなくしたのはハワイ勢が入ってきたことが原因だと考えています。栃若、柏鵬を見てきたファンからすれば、相撲は組み合ってから、投げを打つ、寄り切るというのが理想です。それをハワイ勢がひっくり返しました。高見山を筆頭に、曙や武蔵丸小錦のような大型力士が突っ張りとぶちかましで相手を一気に土俵外に出すという取り口。アメフトをやっていた連中ですから、それが得意です。そうした取り口もまた相撲であり、否定はしませんが、小生は好きになれませんでした。

 最近、八角理事長が嘆いていましたが、現在、大相撲入門者が減り、総勢600人を切ったとか。外国人力士、特にモンゴル人力士が多く出てきたことで、郷土との関係が薄くなったことが一つの原因だと思います。さらに、相撲界の旧態依然たるところが若者の関心を削いでいるかと思います。その一つが同部屋対戦のないこと。元白鵬が師匠だった宮城野部屋が消滅し、伊勢ケ浜部屋に合併されることになりました。となると、宮城野の伯桜鵬と春場所優勝した尊富士や熱海富士などとの対戦は組まれなくなります。

 同部屋力士の対戦がないというのはなんとつまらないことか。今時、将棋だって囲碁だって、学生相撲だって何だって個人戦なら当然同部屋、同じ学校、クラブの仲間同士が戦う。それが本来あるべき対等の戦いでしょう。極論ですが、もし伊勢ケ浜部屋が幕内上位の力士がいるような部屋をどんどん合併していったら、戦う相手は弱い相手ばかりになってしまいます。貴闘力がユーチューブで漏らしていたことですが、同じ藤島部屋若貴本場所での取り組みがないことをつまらなく感じ、別の部屋への移籍を師匠(元貴乃花)に直訴していたそうです。

 そう言えば、千代の富士北勝海(保志)、若貴と戦ってほしい関取が同部屋で、本割での対戦がありませんでした。もし、これらの対戦が本割で実現していたら、北勝海や三代目若ノ花の優勝回数は減っていたように思います。八角理事長は今、機構改革を考えているようですが、ぜひ個人総当たりを導入してください。そして、十両以上の関取は、もう部屋から切り離し、独立して外に住むようにさせてください。十両以下に落ちたらどうするかという議論がありましょうが、その時は再び部屋に戻ればいいだけの話です。

 それから十両力士は100万円以上の月給をもらいながら、幕下はゼロ。2か月に一遍の場所手当しか出ません。これも力士の生活保障を考えた場合、いかがかと思います。プロ野球でも支配下登録されればある程度の年収は保証される。であれば、せめて幕下くらいは低額でもいいから、給与を与えるべきです。あるいは、一度十両以上に上がった力士が幕下陥落した場合にも、一定額の給与を与えるというのはいかが。一度、十両以上になれば、恐らく所帯を持つ力士もいるでしょう。陥落で所得をなくしたら、家族が困りますから。

 さらに提言すれば、もう相撲部屋で大座敷の中での雑魚寝の生活は止めた方がいいと思います。今時の若者は自宅で自分の部屋を持ち、プライバシーを守ってきているでしょう。それがいきなり大部屋雑魚寝では嫌になってしまいます。せめて4人部屋くらいにするか、大部屋でも仕切りのある空間を彼らに与えるべきです。それくらいの大胆な改革をしないと、本当に入門者が減ってしまいます。大相撲ファンである小生は、有能な若者がこの業界に入って来なくなるのを恐れます。

 曙逝去の話から大相撲改革の話に飛んでしまいました。最後に再び曙について触れます。彼が人間的に素晴らしい資質をもっていたことをプロレス時代の仲間も含めてSNSに投稿した追悼文をユーチューブで見て、知りました。モンゴル勢の朝青龍などと比べると、本当に他人を思いやる姿勢は立派、優しい人だったと感じられます。ハワイ勢の取り口は好きになれなかったですが、人間的には好きになれそうです。

 上の写真は兵庫県城崎温泉の「御所の湯」全景と、その中の滝が見える露天風呂。