つれづれなるままに-日暮日記

現世の神羅万象を心に映りゆくままに書きつくる。

日本のバレンタインデーは「人情節」か

 もう日が経ってしまいましたが、14日はバレンタインデーでした。老境に達している小生などは特に縁なく、チョコレートを贈られることもありません。でも小生は、毎日明治製菓の板チョコ「ブラック」を1枚食べるほどのチョコレート大好き人間。ですから、本当は貰えばうれしいのですが、内人からもありません。この日も、買い置きしてある板チョコを自分で冷蔵庫から出して、小遣い稼ぎの原稿を書きながら、寂しくほうばっていました。

 それはともかく、国内の華文フリー新聞を読んでいて面白い記事を見つけました。「日本で情人節(バレンタインデー)は人情節になった」という見出しが付けられていました。中国語で情人は恋人という意味ですから、本来恋人同士が愛を確かめ合う日なのですが、日本では、他人への情けを考える日。仕事をしている女性が職場で人間関係を円滑化するため、およそ特別な感情などない人にまでチョコレートを”配る”、義理チョコが常態化していると、同記事は揶揄するのです。

 「情人節」と「人情節」では、漢字を入れ替えただけなのですが、なるほど言い得て妙、言われてみて、なるほどとうなってしまいました。記事で紹介された調査によれば、職場女性の半分以上は「バレンタインチョコは”愛情”部分が少なく、”人への情け”の部分が多い」と見ており、74%は「こんな慣習は止めた方がいいとの意識を持っている」そうです。

 義理チョコ配りに対し、案外当の女性の多くに不満や抵抗感があるのには、ちょっと驚きました。なぜ、抵抗感があるのか。同記事の分析では、バレンタインデーを煽っているのは実はチョコ業界をはじめとしたビジネス側。テレビなどが盛んに吹聴することで皆がその日を認識し、女性は義理チョコを準備しなければならないし、男性側も何らかの期待をする。つまり商業主義に踊らされていると言うのです。

 確かにそうかも知れません。でも、みじめったらしい中年サラリーマンであっても、他人から何らかの意思表示をされれば嬉しいし、たとえ義理であっても、ちっぽけなチョコ(昔職場で保険会社のおばさんが配っていたような)であっても、プレゼントされて不快感を抱くことはないでしょう。また、それで職場のぎすぎすした状態が和らぐのであれば、それなりの効果は果たしているように思います。

 女性側からすると、義理であっても配る範囲をどこまでにするかとか、一個当たりのプレゼントをいくらにするかとか、人によって差をつけるのか―などなど難しい問題もあるようで、その辺はお察しします。ただ、義理であっても貰った男性はホワイトデーなる日に確実にお返しのプレゼントをするでしょうから、打算的な損得勘定からすれば、損はないと思います。

f:id:higurashi-takanori:20190218112735j:plain

 上の写真は、11月初めの奄美大島で咲いていたブーゲンビリア。小生の好きな南国の花。 

18歳アスリートにも「まさか」があるとは

 昔、郵政省担当記者をしていた時、当時の小泉純一郎大臣(元首相)が「人生には上り坂、下り坂があるが、そのほかに”まさか”という坂もある」と言っていたのを、今でも覚えています。今回、水泳選手の池江璃花子さんが白血病にかかったという話を聞くと、本当にそう思います。18歳の伸び盛りのアスリートには、およそ縁のない病気のように感じられるだけに、ショックです。

 池江選手は顔がチャーミングだけでなく、しゃべり、受け答えもしっかりしている。2000年以降に生まれた若い選手としては、ずば抜けて応対の良さ、性格の良さが見られます。親の家庭内教育がいいのでしょうか。今回の病気発覚に対し、大量の見舞いや励ましのメールが来たそうですが、それだけ彼女に好感を持つ人が多いということでしょう。

 小生に言わせれば、彼女の名前も好きです。20年以上、学生相手に仕事をしていますが、名前の最後に「子」が付く女子学生にほとんど巡り合いません。かつて、小生の同年代やその前後はほとんどの女子に「子」が付いていました。昨今多い、何か西洋でも通じるような発音の名前を見ると、多少の違和感を覚えますから、今どき「子」付きの名前は非常に新鮮です。

 メールは出していませんが、小生も多くのファンと同じように衷心より彼女の一日も早い快癒を祈っています。ところで、この池江さん発病問題に関して、桜田義孝オリンピック担当相がまたまた舌禍事件を起こしてしまいました。ぶら下がり記者へのインタビューで、「がっかりした」とか「(五輪熱への)盛り上がりが下火にならないか、心配している」とか語ったとか。なかなか話題豊富な人ですね。

 確かに、多くの人は「これで来年の五輪で池江のメダルは期待できなくなった」と思ったでしょうから、桜田氏もごくごく普通の感覚の持ち主です。でも、言い方が問題。「がっかり」という表現ではあまりにもストレートで、無神経過ぎる。彼女自身の身体のことなどどうでもよく、オリンピックでのメダル獲得数や、池江不在による”盛り下がり”の方ばかりに気にかけているように受け取られます。これでは桜田氏の品性が疑われても仕方ないでしょう。

 物言えば、唇寒し秋の風-ではないですが、やはり言葉は大事。せめて「池江選手が来年の五輪に出られないとしたら、大変残念です」くらいにとどめておけば良かったのです。少なくとも大臣である限り、下世話な庶民と同じレベルのストレートな発言は避けてほしいと思います。

f:id:higurashi-takanori:20190214102119j:plain

 上の写真は、日本橋人形町にある水天宮の境内。この冬のある日、所用あって近くまで行ったので、ついでに参拝してきました。

 

 

 

野田のサディスト父親の行為は理解不能

 このブログの題名にも使われている吉田兼好徒然草風に書けば、この世に悪しきものあまたあれど、げにこのことこそあさましき…という書き方になってしまいます。それは、例の千葉県野田市に住む父親(両親か)による子供のいじめです。こんなことが本当にあるんですね。

 小生は子供がおらず、育てた経験がないので、真の意味で子供への接し方も分からないし、しつけの仕方も分からない。もちろん、日ごろ学生を相手にしているので、一般的な若者との接し方には慣れています。でも、極端な言い方をすれば、学生はしょせん他人であり、最後は見放してしまうことはできるのです。

 実の子供となると、そうはいきません。最後まで責任感がありますから、齟齬をきたした時、最後のところでどう接すればいいのか、問われると思います。多くの親が悩んでいるところでしょうが、実子を持たない小生に敢えて言わせていただけるとしたら、それは、最後は子供に対する深い愛情、思いやりを見せられるかどうかだと思います。

 常識的な物言いですみません。自分の命に代えてでも子供を生かしたい、まっとうに育てたいと思う心、信念が大事だと思います。その親の心は目に表れてくるでしょうから、子供はそれを敏感に感じるはずです。ですから、子供がたとい体罰を受けたとしても、親の目に愛情を感じる限り、受け容れるものだと思います。

 野田市の子供のケースは、非公開を前提にした教育委員会のペーパーで、親の暴力を訴えています。これだと、子供は親との関係を冷静に切断していると見ていい。愛情を感じていたとはとても思えない。つまり、父親は自分を意味もなく殴っていた、いじめていたという暴力だけの人間だと映っていたのでしょう。

 まさに、しつけとは程遠いサディスティックな行為と思われますが、血を分けた子供に対し、果たして死に至らしめるまでそうした行為ができるのものなのか。親にとって、子供は無条件にかわいい、いとおしい存在だと頭の中で思っている小生には、野田市の父親のやり口は本当に不思議で、理解不能です。

f:id:higurashi-takanori:20180427095905j:plain

 上の写真は、大学へ行き帰りの路上で見つけた風景。このおもちゃ人形を父親に無惨に殺された女の子に届けてあげたい。

広島外野陣で長野はレギュラーが取れるか

 小生に毎年、春の訪れを一番強く感じさせてくれるのは、沈丁花の香りです。前に住んでいたマンションでは近くの公園、今のマンションでは敷地内にあって、香りを届けてくれています。これはまだ肌寒い中での微かな変化に対する感動ですが、今年は暖冬とかで、今週すでに横浜では20度近い4月並みの気温に上がりました。となると、あまり季節変化への感動が湧きません。

 2月にプロ野球のキャンプが始まり、沖縄辺りの暖かい風景の便りが伝えられるのも、寒さ嫌いの小生にはうれしいですね。今年は広島―巨人間で大型選手”交換”があったほか、贔屓の楽天にも西武から浅村が入りました。それから、金足農の吉田ら高校から進んだ新人たちがどんな活躍を見せてくれるのだろうと、これも今から楽しみです。

 前にこのブログで、広島に入った長野は巨人時代より活躍するのではないかと書いたけど、どっこい丸が抜けても広島の外野陣にはいい選手がいっぱいです。全日本クラスの鈴木誠也と昨年規定打席に達して2割8分6厘を打った野間峻祥がほぼレギュラーであるほか、巧打の松山、長距離砲のバティスタもいる。さらに、忘れてならないのが昨年107試合に出て3割9厘も打った西川龍馬です。

 彼らの実績に比べて、過去に首位打者にもなった長野の実力は決して劣るものではないでしょう。ただこの人、毎年初夏までに結果が残せないという欠点があると言います。つまり、スタートダッシュができないので、イメージが悪い。それ故か、大選手(皮肉のつもり)がひしめく巨人の中で昨年、試合に出てもフルの形で使ってもらえませんでした。

 今年は環境が変わったので、チャレンジャーよろしく遮二無二頑張ると思いますが、広島の優秀な外野陣の中で果たしてレギュラーが取れるかどうか。まず開幕戦のスタメンに名を連ねるかどうか。緒方監督も「競争させる。指定席はない」と言っているので、オープン戦の結果次第でしょう。今からオープン戦が楽しみです。

 巨人に入った丸佳浩の動向にはあまり関心がありませんが、ネットニュースなどを見ると、巨人の選手が丸の練習ぶりを見て広島の練習ぶりのすごさを感じたとか。だから「丸効果」などという言葉も生まれたとか。巨人ってこれまでそんなに練習していなかったのか、この情報には驚きとともに、笑ってしまいました。

f:id:higurashi-takanori:20190208103516j:plain

 上の写真は、香港・北角の漁肉、野菜市場ビルにあるレストランで食べた火鍋。 

ベネズエラのマドゥロ体制崩壊は近い!?

 南米ベネズエラでは今、国内に2つの政権が共存するという不思議な現象が続いています。その一つは社会主義を志向したチャベス氏の後任のマドゥロ大統領、もう一つはフアン・グアイド国会議長による政権で、彼は反政府集会で暫定大統領就任を宣言しました。米、中国、ロシアの大国が2つの政権を別々に支持して国際紛争の種にもなっています。

 一応選挙によって合法的に選ばれているのはマドゥロ氏ですが、彼の独裁的な支配体制や何百万パーセントというハイパーインフレを招いたことが民衆を失望させました。失望程度ならまだいいのですが、実際に経済の悪化で生活できない状況で、すでに300万人以上が国外に難民となって脱出しています。

 そこで、国会では多数派を占める野党のグアイド国会議長が大統領を名乗ったのですが、これにはマドゥロ嫌いの米国や難民脱出で多大の被害を被っているブラジル、コロンビアなど南米周辺国がすぐにグアイド”大統領”を承認しました。でも、中国やロシアは相変わらず、マドゥロ体制支持を表明しています。

 その理由は、ロシア、中国とも南米諸国が永遠に米国の裏庭国家で有り続けることを嫌っており、キューバとともに、その米支配体制に風穴を開けるようなベネズエラ社会主義政権の維持を強く望んでいるからです。もっと中国に限れば、ベネズエラに多額の投資をしており、政変が起きてこの金が戻らないことを心配しているようです。

 マドゥロ氏は合法的に選ばれているといっても、その選挙自体に問題があったと指摘する声もあり、本当に多数の国民の支持を受けているのか不明。現に数百万人が国外脱出しているとしたら、国民多数の支持を喪失しているし、もう統治能力はないと見られても仕方がないでしょう。

  注目されるべき今後の展開ですが、発展途上国で政権維持のカギになりうるのが軍隊の動きです。国防相マドゥロ氏の一派ですから、当然マドゥロを守ると宣言しています。でも、勇気ある空軍の将軍がグアイド”大統領”支持を表明しました。彼によると、軍人の9割は反マドゥロであるとのこと。であるならば、早晩反体制派の軍が決起し、マドゥロ追放に動くはずです。2つの政権の不自然な状態は間もなく解消されることになるでしょう。日本にとっては親米政権ができる方がハッピーです。 f:id:higurashi-takanori:20190203125709j:plain

上の写真は、香港のチェプラクコク国際空港近くで見た香港・マカオ・珠海をつなぐ大橋の一端。 

高齢者にPCマニュアルは分かりにくい

 「つれづれなるままに-日暮日記」は、ネットの事業者Hatena―BLOGの無料の場をお借りして綴っています。そのシステムがある日突然、変更されてしまい、記事の更新ができなくなりました。

 同事業者によれば、このまま放っておけば3月1日には自然更新するとのこと。でも、恐らく1カ月間、記事の更新がなければ、日暮日記によくアクセスしてくれている人は「あいつどこかおかしくなって書けなくなったのでは。恐らく癌が再発して死んだか」などと思ってしまうでしょう。

 そこで、自然更新を待たずに、マニュアルを見て無理やり新システムに移行させました。でも、高齢者からすると、ネット関係の説明文ほど分かりにくいものはない。PC関連の言葉に加えて、説明の仕方もちんぷんかんぷん。面倒くさいことこの上なし。でも、何とか新システムに移行させました。

 こういうことって、PCのアプリではよくあること。そのたびに更新マニュアルの表現ににいらつきながらやるけど、いつももう二度と勘弁してほしいという感じです。システム更新は仕方ないとしても、すべて即自然更新にして、老人に新しいことを覚えるよう強要しないでほしいとしみじみ思います。

  下の写真は、香港で見たガジュマルの木。

f:id:higurashi-takanori:20190131121304j:plain

 

小沢と組んで国民党は再生できるのか

 通常国会はまだ開かれていないのに、相変わらず滑稽な政治劇は尽きません。というのは、参院多数派を狙う野党同士のつばぜり合いです。国民民主党参院議員数はもともと立憲民主党の後塵を拝していました。そこで同党は、4議席持つ小沢一郎自由党とくっつき、野党第一党となりました。
 そうしたら今度は、「政党の数合わせはしない」と言っていた立民党の枝野幸男代表が、国民党より少数になるのはまずいとばかり、2議席持つ社民党と共同会派を組む挙に出たのです。これで、国民党も立民党も同じ27議席で並び、与党との交渉権を持つ第一野党の存在が分からなくなりました。所詮は権力に程遠い野党という存在でしかないのに、第一党にこだわる姿勢はご立派と言うか、滑稽と言うか。
 この会派再編劇を見て最初に面白いなと思ったのは、しばらく世間から無視されていた小沢一郎氏が再びメディアに登場したこと。記者に取り囲まれ、脚光を浴びて、本人はさぞや嬉しかったのではないでしょうか。彼はもともと立民との会派結成を狙っていたようですが、枝野代表はかつて民主党時代の小沢氏の姿勢を嫌って、丁重にお断りしたようです。そこで、策士の小沢氏は今度は落ち目の国民党に声をかけたのでした。
 早い話、小沢自由党野党第一党の座をめぐる国民、立民両党の争いでキャスティングボードを握っていたというわけです。野党第一党を”餌”にして両党に接近し会派を呼びかけた時、彼は久しぶりに表舞台に出た思いをし、興奮したことでしょう。現在、国民党への支持率は1%程度しかない。そこで、玉木代表は自由党との会派結成を選択し、「小沢氏の政治力に期待したい」と語っていました。彼に党勢回復の期待をかけたのです。
 でも、小沢氏に今、それほどの力があるのか。もう過去の政治家だし、かつて民主党を引っ掻き回して党を壊したというイメージは広く国民に行き渡っています。あの独特の毒気のあるしゃべり方を聞いただけでうんざりと生理的に嫌う人も多い。そんな人と組んだら、国民党にとって却って逆効果になるのではないかと小生などは心配してしまいます。
 立民党にしても社民党などと提携していいのか。この党は依然非武装中立を掲げ、税は上げるな、福祉を増やせなどというノー天気なユートピアイズムに凝り固まっている政党。こんな党と一緒になればそのカラーに染まって、立民議員もますます批判だけの野党意識から抜け出せなくなります。野党でいることは楽ですが、政策実現という政治家としての目的は達せられなくなります。これも悲しむべき提携です。

 上の写真は、三軒茶屋駅近くの広場で見掛けた仲の良い犬2匹。政党同士はこんなに仲良くなれない?