つれづれなるままに-日暮日記

現世の神羅万象を心に映りゆくままに書きつくる。

ホームラン多発の試合は面白味に欠ける

 現在、進行中の世界野球大会のプレミア12、やはりラグビーWCのように国の威信がかかっているだけに、やっている選手は真剣ムードであり、見ていて面白い。今回はまず、台湾の大会で日本チームは3戦全勝。日本に帰ってきてからのオーストラリア戦でも勝って、負けなしのまま本日の米国戦を迎えます。それにしても、広島カープ鈴木誠也の3試合連続のホームランとソフトバンクの周東佑京の俊足は素晴らしい。日本の野球の多彩さと緻密さを感じさせます。

 鈴木誠也のホームランはジャストミートの見事なホームランで、文句のつけようがありません。でも今年、プロ野球を見て気になったのは、やたらホームランが出るなという点。クライマックスシリーズのあるゲームなどではすべての得点がホームランというのがありました。ホームランは一見華やかなんですが、スポーツの持つスピード感に欠けるところがあるので、ホームランが多発の試合は小生、あまり好きになれません。

 小生お気に入りの解説者、張本勲氏もかつて朝の番組で指摘していました。「最近のボールは飛びやすいんじゃないか。こすっただけで(外野席に)入ってしまう」と。ギラギラした若者の下半身でもあるまいに、こすっただけで出てしまう(!?)ホームランであっては困ります。一時、飛びやすいという批判があったことから、2011年、12年ごろに、ボールの質を替え、飛ばなくしたようですが、最近、再びホームランが出るようになりました。

 張本氏の言うように、昨年辺りから再びボールの芯を飛びやすい質に替えたのではないかと思うのです。ホームランは野球の”華”と思っている人が多いせいなのか。それとも別の理由があるのか。小生は、球場の外野を広くして、バッターは深々と外野を破って3塁まで全力疾走するという試合が見たい。守備側の連携プレーと走者の競争で3塁でセーフかアウトかという場面はハラハラさせ、興奮させます。だが、ボールが外野席を越えてしまうと、走者はぶらぶらと塁間を一周するだけで、スピード感を感じさせません。

 勘ぐるに、3塁まで全力疾走すると、バッターは疲れる。となると、バッターはできれば、ぶらぶらと塁間を回りたい。毎日のように試合があるのなら、できたら疲れが残る全力疾走よりぶらぶらがいい。観客も”華”を望む。選手も主催者側も、さらに観客もその方がハッピー。それで、球場も段々外野席を広くし、さらにボールの弾力を替えてホームランを出やすくしているのではないか。でも、子供のころ、外野席などない野っ原の草野球をしてきた小生らは、ホームランもランニング以外ありえなかった。ボールが外野に飛んだら全力疾走だったのです。その記憶からすると、ぶらぶらは感心しない。

 全力疾走と言えば、周東佑京の足は素晴らしい。以前巨人に鈴木尚広と言う選手もいましたが、こういうスペシャリストがいると、野球を打つ、守るという以外、本来スポーツの持つスピード感で大いに楽しませてくれます。オーストラリア戦では、源田選手のとっさのスクイズでも、3塁からピッチャーのタッチをよけて生還した快足プレーは絶品でした。稲葉監督はよくもこういうスペシャリストを日本チームに加えてくれました。慧眼です。

f:id:higurashi-takanori:20191112181533j:plain

f:id:higurashi-takanori:20191112181606j:plain

 上の写真は、横須賀市沖にある旧軍要塞のあった猿島の風景。今月最初の連休中に、旅仲間の友人と覗いてきました。
 

 

 

 

秋の夜の静寂で呑むべきはやはり日本酒

 今日この頃、大分、秋が深まってきました。午後5時半、夏の日ならまだ空にお天道様が出ているのに、今の季節ではもう真っ暗です。暗闇が早く来るというのは、その分、早く夜の気分に浸れることになるので、酒を呑みたくなる気持ちも早まります。そう、それは歓迎すべきこと、秋はやはり夜の静寂の中で、冷気を感じながら楽しむ酒が最高です。特に、日本酒は秋にぴったりの酒でしょう。

 小生、昔、大学の授業の帰り、1時間半かけて横浜の桜木町に戻り、駅前の餃子店「王将」で餃子2皿を肴に生ビールを飲むのが至福の時間でした。立ちながらの授業は辛いけど、このあと、家の近くに帰ってビールをぐいーと飲むことを思うと何となく疲れが吹っ飛び、晴れやかな気分になったものです。ところが、胃がんで胃を全摘出して以来、泡状の飲み物を取るのは辛くなりました。泡が胃に染み渡るような爽快さはなく、泡が管の中に充満して不快な気分にさせられるだけだったのです。

 ですから、その後、大学の帰りに餃子2皿とレモン酎ハイを飲むようになりました。酎ハイも泡があるけど、ビールに比べたら格段に少ないので、まあまあ不快を感じないで飲めるのです。それなら、端から泡状のアルコールなどは止めろという意見もあるのでしょうが、やはり最初の一杯は泡状の爽快感は必要なのです。しかし、残念ながら、駅舎建て替えのため、桜木町駅ガード下の王将はなくなりました。帰宅途上の餃子で一杯は残念ながら、できなくなってしまったのです。

 それはともかく、自宅では今、越後村上の銘酒「〆張鶴」の花ランクを飲んでいます。〆張鶴は値段の高い方から「雪」「月」「花」ランクとあって、花ランクが値段的にいちばん低級なんですが、小生は花が一番マッチングして、好きです。過去にわざわざ村上市まで行って雪を買って飲んだのですが、ちょっと淡泊すぎてうまくない。日本酒は値段が高ければいいというものでもないようです。

 小生は〆張鶴醸造会社の回し者ではないのですが、とにかく口当たり、深み、味わい、どれをとってもこの酒は申し分ありません。あえて〆張鶴以外の推薦酒を言うなら、それは同じ越後の「越乃景虎」でしょうか。巷間評判がいい「久保田」や「八海山」は小生にはちょっと辛い感じがしますし、「上善如水」や「越乃寒梅」はちょっと淡泊過ぎる。日本酒の中でも概して越後の酒は絶品ですが、その中でも甘口の〆張鶴は図抜けています。

 最近、中国から帰ってきた人から、小生と彼の共通の友人である蘇州人から託されたとのことで四川省宜賓の銘酒「五糧液」を2本もらいました。前に蘇州に行き、その友人と会った時に「僕は五糧液が好きなんです。昔、北京に住んでいた時には毎晩のように飲んでいました」と話したのですが、友人はそのことを覚えていたようです。小生が北京にいた1980年代初頭はまだ五糧液は安かったので、小生でも飲めたのですが、今は一瓶2,3万円もする高級酒です。結局、この五糧液も大事に収納し、そのまま飲まないことになるのでしょう。

 でも、最近、やはり中国を旅行してきた飲み友達(女性)から、陝西省産の「西鳳」という酒をもらいました。これは自宅で飲み始めましたが、味が何か「五糧液」に似ているのでびっくりしました。なかなか深みがあってうまい酒です。中国酒としては、国酒の「貴州茅台酒」が有名ですが、小生はあまり感心していません。いずれにしても、中国酒は中華料理に合う酒で、日本の長い夜の独酌の友としては、やはり中国酒よりは日本酒の方がいいのかなと思います。

f:id:higurashi-takanori:20191108220505j:plain

 上の写真は、桜木町駅近く野毛飲み屋街の立ち飲み屋風景。 

IOCがなんで勝手に競技地変更するんだ

 

 東京オリンピックのマラソン競歩が札幌で開催されることになりました。テレビのワイドショーなどでも取り上げられ、関係者も一般庶民もインタビューを受けると、みんな「東京オリンピックなのに、なぜ札幌開催になるのか」と驚き、あきれていました。小生もまったく同感です。第一、開催する地元都市、首長に何の事前連絡もなく、国際オリンピック委員会IOC)が勝手に決め、変更決定後に事後通告するだけというのは実におかしな話です。

 そもそもなぜ札幌なのか。札幌だって地球温暖化になった今、夏の気温は30度以上になるはずです。競技を日中にやるとしたら、東京の早朝の条件とそう変わるものではないでしょう。気候ということに限定するならば、釧路とか阿寒湖、サロマ湖周辺とか、稚内とかもっと条件の良いところはあるはずです。いや、関東圏でも日光とか那須高原とか、都内だって奥多摩町の日原辺りとか、平均気温の低いところは結構あります。

 オリンピックとはもともと都市が開催するものです。確かに、50数年前の先の東京オリンピックでも、ボートとかヨットとかは東京都以外でやりましたが、それはそういう施設や周辺環境をもっていないということでの例外中の例外であり、本来はその都市内で完結するのがスジです。室内で行われる競技のチケットを買えず、マラソン見物に期待した小生を含む多くの東京、関東周辺の人たちには、札幌移動はショックでした。

 IOCは、ドーハで行われた世界陸上選手権大会での女子マラソン競技で中途棄権が大量に出たとの理由から、大会1年を切った時点で、突然、競技地の北移動を決めました。誠に勝手です。受け入れる札幌も、選手の宿泊地、すなわち選手村の確保、長距離で乗り込む観戦者のホテル確保、さらにはコース設定、その環境整備と準備が大変でしょう。他の国の運営に真っ向から手を突っ込み、その変更の大変さも顧みず、もうこれで決まりだと言わんばかりに命令口調で指示するIOCのやり方、手続き不備に怒りが湧きます。お前らは何様だと言いたくなります。

 前回の東京オリンピックは10月の気候のいい季節に実施されました。もともと日本で8月にオリンピックをやること自体、ちょっと冒険でしたから、日本は秋開催を持ちかけたはずです。でも、米国をはじめオリンピックを営業に結び付ける国々から強い要請があり、8月開催が決まりました。でも、選手にしてみれば、いったん決まった以上、そういう条件で行うという前提で訓練を積み、対応を考えているはずです。すべての選手が同じ条件下でやるのなら、記録狙いでなく、暑さに強い選手はだれかなどと別の見方ができるはず。それはそれでいいのではないですか。

 マラソンは、紀元前にペルシャの大軍を破ったことを知らせるために、ギリシャ兵士がマラトンからアテネまで走ったことが起源。その兵士は到着後、ばったり倒れ、息絶えたそうです。それだけ過酷なレースなのですから、今さら気象条件など云々する必要などないはずです。暑いなら暑いなりに選手たちはそういうレース展開を考えればいいのです。途中棄権するのは、そういう準備が足りなかっただけです。

 気象条件を考えてオリンピック競技の開催地を1年切った時点で替えるというバカな決定は二度と止めにしてほしいと思います。少なくとも(一部の北海道民を除いて)ほとんどの日本人は今回の移動を歓迎していない。むしろ、IOCは札幌に固執して何か利得を図ったのかも知れないなどと、不信感を持ったことでしょう。

 

f:id:higurashi-takanori:20191104190023j:plain

f:id:higurashi-takanori:20191104190004j:plain

 上の写真は、横浜市野毛の飲み屋街で見たハロウィン装束を付けた人形。伊勢佐木町のお菓子の店内もハロウィン模様でした。

「もの言えば、唇寒し」か、マスゴミもやり過ぎだ

 「もの言えば唇寒し 秋の風」という言葉があるけど、昨今の大臣は本当にうかつにものが言えない時代になりました。河野太郎防衛相と 萩生田文部科学大臣が”舌禍事件”を起こしたと言われていることです。聞いてみるとたわいもない話で、小生の認識からすると、なんでこれが問題になるのかと不思議でなりません。こんなことで大騒ぎしているとは、世の中、ある意味、平和なのかも知れません。

 河野太郎防衛相は、自身の政治資金パーティーで「私はよく地元で雨男と言われました。 私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と言ったことが問題になりました。テレビ朝日報道ステーションでは、鬼の首でも取ったように「速報」で報じたというのですから、あきれてものが言えません。かの番組が言うように、被害を受けた人の感情をひどく傷つけるほどの言葉だったのでしょうか。

 本来、河野の大臣就任と天候とは何の関係もなく、台風、豪雨は彼が呼んだわけではない。でも災害となれば、河野が主管する自衛隊が出動するわけですから、それはそれで「私の就任のあと、再三自衛隊に大変な苦労をさせた」という点を強調したかったのでしょう。「雨男」がいけないのなら、「私は晴れ男ですが、残念ながら私が防衛大臣になって…」と言えば、問題なかったのか。「雨男」の言葉自体にトゲのある意味はないのですから、そう神経を尖らせることはないと思います。

  萩生田文部科学大臣は、大学入学共通テストに導入される英語の民間試験に関して「 身の丈に合わせて(受験生が)頑張ってもらえれば」などと発言したことが問題視されました。小生はこのニュースを聞いて「えー」と思いました。受験生それぞれは学力も違うし、志望校も違う、それぞれの程度に合わせて努力してほしいという萩生田の発言のどこがいけないのかと。メディアはいったい、何を問題視したのか。「身の丈」という言葉の選択がダメだったのか。身の丈とは能力、学力という意味で使ったのでしょう。それなら問題ないのではないか。

 では、「それぞれの学力に合わせて」とか「受験生それぞれの状況に合わせて」とか言えば、良かったのか。いずれにしても、これも鬼の首を取るように攻撃する材料にはならないと思いますが、野党は「辞任ものだ」と迫っています。頭がおかしいんじゃないのか。でも、 萩生田は、「発言を撤回する。私の不徳の致すところだと反省をしている」と陳謝しました。文句を言ったやつがいたら、とりあえず謝っておくというのは日本の常道ですが、それにしても安易すぎます。

 河野、萩生田両大臣の発言は、「災害の発生が(東北地方であって)東京でなくて良かった」とか「災害復旧より…さんの当選が大事」などと言った、かつての大臣の舌禍の質とはまったく違います。なんでも問題にしてしまうマスコミ(いやマスゴミか)の悪い習慣です。これでは、以後、大臣は各省秘書官が書いたような、面白くもおかしくもない杓子定規の文章しか読めないようになり、政治家としての魅力、個性はますます出なくなってしまうでしょう。

f:id:higurashi-takanori:20191031155842j:plain

f:id:higurashi-takanori:20191031155823j:plain

 上の写真は、愛犬マオの6カ月法要でのスナップ。荼毘をしてくれた寺院が年2回、ペット法要式を開くので、参列しました。

バグダディー殺しても、危険が去ったわけでない

 米軍というのは結構、執拗に敵を追いかけるものなんですね。イスラム国のアブバクル・バグダディー容疑者がシリアのアジトにいたところを米軍の特殊部隊が急襲し、死亡させました。バグダディーはあの過激派集団「イスラム国(IS)」のリーダーですから、彼の死で世の中は一応平和になった感じがします。得意満面で発表したトランプもそう思っているのでしょう。でも、これで一件落着でしょうか。ISの連中はすでに世界各地に飛んでおり、悩みは尽きないと思います。

 小生、昨日、テレビの速報でこのニュースを見た時、まず率直に驚いたのは「えー、バグダディーって、まだ生きていたのか」ということ。これまで何回も死亡説があって、米軍もそれを信じていたのだと思っていました。噂を信じることなく、オサマ・ビン・ラディンの時のように、しつこく彼を追っていたんですね。特殊部隊に追い詰められ、バグダディーは身体に巻き付けていた爆弾を破裂させ、死亡したと言います。撤退間近の米軍があきらめることなく彼のアジトを見つけたとは素晴らしい。改めてその情報網のすごさを見直しました。

 2つ目の驚きは、バグダディーがいまだにシリアにいたこと。確か、彼が殺されたのは、シリアのトルコ国境に近いイドリブ県ですね。最近まで、シリア政府軍と反政府軍クルド軍とトルコ軍の攻防戦があったと言われていたところです。もう2,3年前に、ISは中東から一掃されたとの報告がありましたから、バグダディーも恐らくアフガニスタンタリバン支配地域辺りに逃げているのではないかと、小生も勝手ながら推測していましたが、どっこいまだそんなところにいたのかという感じです。

 これで世界は安泰になったのか。もともとバグダディーはアブムサブ・ザルカウイ容疑者が作った組織を引き継いだ男で、一応「IS」というを国家樹立を宣言したのも指導者になってからの彼。ですが、ISは一時、シリア、イラクにまたがる広大な地域を支配していたのですから、彼一人の力でできるわけがない。下には狂暴な男たちがうじゃうじゃと雁首をそろえています。彼らは掃討作戦を受けて海外に逃亡し、その行き先はアフガン、タイ南部、フィリピン、アフリカなどと言われています。

 米軍などの掃討作戦によって、却ってハチの巣をいじったように、ハチは全世界に拡散してしまったのです。これが日本にとってどうなのか。東南アジアは日本とも近いし、すごく嫌な感じがあります。インドネシアスマトラ島やフィリピンのミンダナオ島は今でも、イスラム過激派の素地があるところですが、こうした地域も日本の一部企業が関係しているかと思います。心配です。かと言って、ISを中東にとどめ置いた方がいいとも言えません。ペルシャ湾に行くタンカーや紅海の船も安心できないでしょう。

 欧州にしてみると、シリアやイラクから難民が出続けては困るし、テロの対象にもなりかねません。それでも、米軍はシリアから撤退するようです。ザルカウイ、バグダディーを殺したことで、一応危険の芽を絶ったということでしょうが、事はそう簡単でないでしょうね。いずれにせよ、テロ集団に対しては、西側諸国、中ロもなく、結束して事に当たることが必要だと思います。

f:id:higurashi-takanori:20191024111113j:plain

 上の写真は、五反田のROCの展示会で見たレリーフの飾り物。

胸の大きいアニメキャラ使ってなぜ悪い!

 きょう朝のテレビワイドショーを見ていたら、日本赤十字社献血お願いキャンペーンのポスターに、アニメの胸の大きい女性キャラクターを使ったとのことで、一部から「環境型セクハラだ」との批判が出ていることを話題に取り上げていました。この話題を見て、小生がまず感じたのは、世の中にはいちいちつまらないことに目くじらを立てる人がいるな、何でも誇張して物事をとらえる見方があるなということでした。

 使われたキャラクターは、小生はまったく知らないのですが、若者には人気のある漫画のキャラクターだそうで、笑顔の彼女がセリフの吹き出し献血を呼び掛けているだけです。実に愛らしい絵なのですが、問題はその胸がかなり大きいこと。黒い服を着ていますので、別段性的なアピールを強調したものではないのですが、一部の人はその胸が大きいこと自体が「セクハラだ」と言うのです。

 絵柄を問題視する街中インタビューの何人かの女性の意見を聞いて、小生は「ほっほー。面白い反応だ」と思いました。番組に出ていた外国人男性は欧米の例を出しながら、環境セクハラを強調しましたが、2人の女性コメンテーターは意外にも「別段セクハラとも何とも思わない」「そういう目で見るなら、胸の大きい女性は今後コマーシャルに出られないのじゃないか。逆差別だ」と言い、セクハラとの見方を過剰反応だと主張していました。小生の感覚に近かったです。

 そもそも、なんで胸の大きい女性をポスターに使ったら駄目なのかという素朴な疑問にぶつかります。世の中には胸の小さい人も大きい人もいますが、小さい人を使えば許されて、なぜ大きい人ではいけないのか。男性の方でも、マッチョの男が裸でポーズを取るポスター、コマーシャルがよく使われます。これって、小生のような体が貧弱な人間からすると、大いなる”セクハラ”とも思えますが、別段指差して「けしからん」などと指摘はしません。男性では許されて、女性はなぜ駄目なのか。

 街頭インタビューで、日本赤十字社の作ったポスターだから驚いている人もいました。「お堅い機関であるのに、なんでそこまでやるのか」と言うのです。これも変な意見ですね。どんな機関であれ、多額の宣伝費をかけ、ポスターを作る以上、当たり障りのないものでなく、よりアピール度がある方がいいに決まっている。

 赤十字社にしてみれば、献血で求める血は当然ながら、年寄りのものより若者の方が好ましい。その若者の献血者が最近、減少しているそうで、彼らにアピールすることが最重要。だから、人気のあるアニメキャラクターを使うことは不思議ではないと思います。街中のセクハラ指摘に対し、女性のコメンテーターが実に良いことを言っていました。「こんなことにいちいち目くじらを立てると、多様性をなくす」と。小生も同感です。

 以前、黒人がキャラクターになった抱っこちゃんとか、カルピスの商標とかに対し「人種差別だ」と文句を言った人がいて、抱っこちゃんもカルピスの商標も消えました。世の中にはフランス人形然とした白人の女性が宣伝の材料に使われるケースはごまんとあるのに、なぜ白人はよくて、黒人を使うと駄目なのか。小生はブラック・イズ・ビューティフルだと思っているので、こんなことに注目し、いちいち文句を付ける人こそ差別主義者ではないかと思っています。

f:id:higurashi-takanori:20191024151507j:plain

 上の写真は、問題になった日本赤十字社のポスター。キャラクターの名前は「宇崎ちゃん」とか。

 

ラグビー見ると、国際関係が良く分かる

 ラグビーW杯決勝トーナメントの南アフリカ戦でも、またまた小心者のテレビ観戦になってしまいました。前半は3対5でいい勝負をしていたので、十分見る余裕はありましたが、後半は何だか日本陣内での攻防が多くなってしまい、防戦に追われるだけ。こちらのラインアウトではボールを取られるし、モール合戦では激しく10メートル以上押し込まれ、22メートルラインを越えてしまうこともありました。そのモールからのトライを見て、もう見られなくなってしまったのです。

 モールであれほど押し込まれるとは想像できませんでした。南アのフォワードの力はこれまで戦った中では一番だった。その密集の中で日本チームは一瞬ボールを見失い、敵側の3人のフォワードがノーディフェンスの状態でゴール下ちかくまで持ち込むのを許してしまいました。気付いてタックルに行っても、相手のスクラムハーフ(SH)が近くまで来ており、つながれてトライ。それにしても、この金髪のSHは動きが機敏で、実にうまい。ほかのところでもいい動きを見せていました。

 南アは、前回W杯の一次リーグで日本に最後の最後で逆転負けしたので、今回はその雪辱に燃え、満を持していたと思います。なんだが他のチームと意気込みが違うように感じられました。フォワードは強い、SHは機敏、それにペナルティーキックを担当したスタンドオフもキックは正確だし、足が速い。さらに、黒人の左ウィングもメチャメチャ足が速い上、フィジカルも強い。残念ながら、どうも日本に勝ち目はなかったように思います。

 でも、グループリーグの4勝で十分楽しませてくれました。決勝トーナメントまで行くと思っていなかったので、そこまで見られたのはハッピー。お礼を言いたいですね。恐らく、決勝はオールブラックスと南アという同じグループ1位、2位同士の再戦になるのではないか。日本戦の前日のNZとアイルランドの試合は、小生も小心者にならず、全部見たけど、オールブラックスはスキがない、強いという印象しかありません。グループ戦では南アが負けているので、決勝では雪辱を期してくるから、これも面白い試合になりそうです。

 それにしても、ラグビーを見ていると、しみじみ国際関係の力関係、交渉術をほうふつとさせ、興味深いです。というのは、スクラムやモールでフォワードが押し込まれるとオフサイドラインが動き、バックスも後方に下がらなくてはなりません。ここで押し込まれた方がボールを奪っても、後ろ足に体重のかかったバックスはすぐに反撃に出られません。逆にフォワードが押し込んでいれば、バックスも前進し前傾姿勢ですから、すぐにトップスピードで走れます。

 国際関係も同じように、軍事力を背景に強気に出、交渉に持ち込めば、かなり相手の譲歩を引き出せるということです。という視点で見ると、北朝鮮はご立派。貧乏国のくせになんだか知らないが核兵器を保持、運搬手段として大陸間弾道弾やSLBMも開発して米国に脅威を与えています。フォワードの力が強いのです。ですから、トランプ米政権も対等の力を出して押し返すため、首脳同士の直接交渉に応じるようになったのです。北朝鮮の国際関係交渉術はどこで身に付けたのか、あの刈り上げ君一人の力ではないように思いますが、、。

f:id:higurashi-takanori:20191021130213j:plain

  上の写真は、NZとアイルランドの試合。テレビの画面を写してみました。